年齢に応じて恥ずかしくない印鑑を

印鑑証明イメージ

人生にはときに一大行事があります。
親元を離れ自らの収入で生活をしていくときに部屋を借りるときやマイカーを持つとき、そして結婚などです。
これらの行事には必ず印鑑が必要となってきます。

日本には印鑑証明制度という市町村に登録することにより普通の印鑑より効力を持つ実印と言われるものがあり金銭の関わる契約などには実印と印鑑証明書が必要となります。

印鑑証明書には、その印鑑が重要な意味を持つ印鑑である証しですし住所や年齢を含め偽りがないという証明にもなります。

ですので実印を持っているという人は一人前の社会人と社会で認められることなのです。

みなさんは印鑑を買いにいくときどこへ買いにいくでしょうか。
印鑑は内容によっていろいろなものがあり様ざまなところで扱われています。

100円から買える雑貨屋さんから印鑑の専門店や文房具店や貴金属を扱う店にもあったりします。

その用途用途で購入印鑑を選択し買うお店を選ぶ必要があるのです。
大きなデパートなどにも販売をしていますが、ただ名字が書いてあるものを買えばよいというわけではありません。

重要なときに使う実印や銀行印にはその素材や文字の配列、書体などに少しこだわったものを買いましょう。

そして購入するお店の方にどのような用途の印鑑かを教えて自分に合った印鑑を紹介してください。

逆に言えばこのような相談をできる専門知識がある店員さんがいるお店を選択してください。

認め印などであれば100円から買えるものでも支障はありませんが印鑑証明に登録する印鑑であればなおさら拘りのある印鑑を購入してください。

一般買うと一生使うものとなります。
年齢に応じて恥ずかしくない印鑑を持っていてくださいね。

ページの先頭へ